ソーシャルメディアポリシー

株式会社横浜大世界(以下、「当グループ」といいます。)は、当グループの役員、正社員、準社員、嘱託、パート社員及び当グループの管理下にある派遣労働者(以下、「従業員」といいます。)が、業務に関する目的又は私的な活動で、ブログや掲示板、SNS、ツイッター等のソーシャルメディアに参加する際の方針として、「株式会社横浜大世界グループ ソーシャルメディアポリシー」を定め、当グループの従業員は、これを遵守します。

1. 自覚と責任

一人ひとりが次に揚げる自覚を持ち、常識に基づいた誠実な態度でソーシャルメディアに向き合います。
インターネットへ発信した情報は、お客様及びお取引先等を含めた不特定多数の利用者がアクセス可能であることを常に認識します。
自分ひとりの発信情報が、少なからぬ影響を持つことを十分に認識します。情報発信にあたっては、各種法令や社内規程を遵守します。
情報は発信時のものであり、その後変わる可能性があることを認識します。発言内容に関しての責任は発言者自身にあることを認識します。

2. ソーシャルメディア参加にあたっての心構え

相手の発言に傾聴する姿勢を持ちます。情報発信や対応に責任を持ち、読者に誤解を与えないように注意します。
批判的な意見に対して感情的に反論することは避け、真摯に受け止めます。
お客様及びお取引先等の情報を許可なく発信しません。
一度公開した情報は、完全に削除できないことを認識します。

3. 各種法令の遵守

各種法令を遵守します。第三者の著作権・肖像権等の権利侵害行為、誹謗中傷による第三者の名誉毀損、その他権利侵害行為や迷惑行為は行いません。
第三者の発信内容・記事等を引用する場合は、その出所及び引用部分を明示します。
ソーシャルメディアをご利用のみなさまへ当グループの従業員が、ブログや掲示板、SNS、ツイッター等のソーシャルメディアに発信した情報は個人の意見であり、当グループの公式見解や情報を表しているものではありません。
あらかじめご了承下さいますようお願い申し上げます。
当グループの公式見解や情報については、当グループの各社ホームページ等で公表いたします。

Facebook

▲ このページの先頭へ